本文へスキップ

                        中部地区唯一ギターアンプ修理の専門店で      樺部電子楽器

電話でのお問い合わせはTEL.052-739-6412

〒463-0025 名古屋市守山区元郷1丁目1407

エフェクト・ボード製作その88

愛知県在住・A.O様オーダー品


こちらのボードご依頼者様は、ギターの先生をされている方です♪ご相談頂いた時には海外のYOUTUBE映像などを参考に、設置機材を選定させて頂き組み込み致しました★
スイッチャーは、このブログでもお馴染みのFree The Tone/ARC-53Mを使用。
ワウはギターからの入力直後に。Volume PedalはARC-53MのLoop4とLoop5の間に接続しており、Loop5に接続されているTimelineの手前に設置。これによってVolumeを絞った時もDelayの残響音が残る様になっております。

ARC-53Mの左に設置されたCAJのTAP switchは、ARC-53Mのダイレクト・スイッチとして使用しています。
奥に設置しているXotic AC BoosterやRiot re-loaded、POG2をリアルタイムOn/Offしたい時に、これを踏むとARC-53Mが「ダイレクトモード」に変わります。
またMIDI信号はTimelineとMod Factorと繋がっているので、プログラムNo.毎に個別のナンバーを呼び出し可能になっています。

この様にエフェクターはマジックテープで設置されています★「マジックテープで固定してもすぐ剥がれてしまうのでは?」というご質問も多く頂きますが、当店オーダー製作のPULSEボードは、エフェクターの設置面カーペットの起毛がしっかり立っているので、マジックテープ側のフックがしっかり引っかかります★
それと併せてケーブルを一本ずつ測って製作する事で、余りのない綺麗な配線が可能となり、ケーブルねじれ等による余計な力が掛かりません。
写真だけでは判断出来ない細かい部分まで考え抜いて一台一台しっかり組ませて頂いております!!

そして相変わらずですがギリギリのスペースでガッチリ組み込みしております★電源はパワーサプライとAC TAPに専用アダプターを組み込んで固定しました。
どうですか?なかなかいい眺めですよね♪実は組んでいる私達も、このアングルで「おおーっ!ここなんかいいよね」なんて言いながら組んでおります。
勿論、クリーンな電源を供給する事が前提ですのでご安心下さい。

ここからは、A.O様のコメントです。

●コンセプト
マルチエフェクター的な機能で、様々なジャンルに対応出来るようなセッティングを希望しました。
後、せっかくだったのでPOG2というハーモナイザー(ちょっとシンセ的な)を今後の可能性と遊び心で付けてみました。

●完成後のご感想
ドクターミュージックさんはたくさんのエフェクターに精通していて、自分の期待にそった商品をたくさん紹介して下さいました。
マルチよりも個々のエフェクターの精度が高く、そして何よりも自分では到底できそうにないプロフェッショナルな仕上がりと使用感に大変満足しております。
ありがとうございました★

こちらこそ、当店ご利用頂きありがとうございました。
また今後とも末永くご愛顧賜ります様お願いします★

という事で、次は貴方のボードが載るかもしれません?!
是非この機会にボード製作・組み込みなどのご用命・ご相談は当店まで御気軽にお申し付け下さい。

shop info店舗情報

ドクターMusic
樺部電子楽器

〒463-0025
名古屋市守山区元郷1丁目1407
TEL.052-739-6412
FAX.052-739-6413