本文へスキップ

                        中部地区唯一ギターアンプ修理の専門店で      樺部電子楽器

電話でのお問い合わせはTEL.052-739-6412

〒463-0025 名古屋市守山区元郷1丁目1407

エフェクト・ボード製作その83

愛知県在住・電気イルカ様オーダー品

こちらのお客様は、実際に店頭にてご商談させて頂いたお客様になります。
最近では遠方からも沢山ご来店頂く事が増えており、実際にご来店頂き、お客様のコンセプトや問題点、現場での使い勝手などスタッフとしっかり相談をして頂く事で、より実用的なシステムに近づける事が出来ます。
また、どうしてもご来店が難しいお客様は、是非メールのみならずお電話などでいろいろとご相談させて頂ければと思いますので、お気軽にご連絡下さい。

こちらのお客様は、MESA Dual Rectifierと併せたシステムという事ですが、歪みにBogner REDを入れるなどエフェクターの歪みもバリエーションとして加えたフレキシブルなシステムになります。
メインスイッチャーとして、こちらは既に定番の”Providence PEC-2″を搭載。その他のエフェクターもツボを抑えた名機揃いですね★
空間系には、Strymon OlaとBOSS GIGA DELAYを。意外と地味ではありますが、このGIGA DELAYは逸材なディレイです♪価格的にもリーズナブルでありながらデジタル表記、メモリーも可能です。

Tunerはt.c.electronic Polytuneをインストール。勿論視界性を上げる為に、この様に傾斜台を製作しました♪
そしてケーブルを綺麗に流す為に「床上げ台」を製作しました。
ボード右上の下部にJunction Boxを。上部にはRJM Mini Amp Gizmoを設置し、このMini Amp GizmoによってメインアンプのDual Rectifierのch.コントロールを行っております。

パワーサプライは、当店で大人気の”VooDoo Lab. PedalPower2+”を設置しました。
MXR 10band EQは18V仕様の為、Voodooの変換ケーブル”PPAY(2系統の端子に接続して電圧を18Vにするケーブル)”を使用して供給しております。
またQ-Tronに関しては24Vとなりますので、Voodoo側の電源切替で12V設定にしてPPAYで24Vを作り供給しております★この様に電源のアレンジが出来るというのが、このPedalpower2+の魅力のひとつと言えますね。
お陰で電源周りがスッキリとしました♪

ここからは電気イルカ様のコメントです。

●コンセプト
MESA DUAL RECTIFIERとの連動が可能な実用的なボード

●完成後のご感想
完成後、店頭で対面したときに作りの丁寧さに感動しました。
配線の取り回し、ノイズの少ない配置、チューナーが見やすくなるよう傾斜のある台の配置など。
真ん中の列は一段高くして、操作性も良いなど使い手のことを考えてくれてます。
以前はマルチを使っていたので、このようなボードを組むことは初めてだったのですが、初歩的なことから細部まで相談に乗ってくださり、この素晴らしいボードを作ることができました。
この度はありがとうございました。

こちらこそ、当店ご利用頂きありがとうございました。
また今後とも末永くご愛顧賜ります様お願いします★

という事で、次は貴方のボードが載るかもしれません?!
是非この機会にボード製作・組み込みなどのご用命・ご相談は当店まで御気軽にお申し付け下さい。

shop info店舗情報

ドクターMusic
樺部電子楽器

〒463-0025
名古屋市守山区元郷1丁目1407
TEL.052-739-6412
FAX.052-739-6413