本文へスキップ

                        中部地区唯一ギターアンプ修理の専門店で      樺部電子楽器

電話でのお問い合わせはTEL.052-739-6412

〒463-0025 名古屋市守山区元郷1丁目1407

エフェクト・ボード製作その79

名古屋市在住・いずみ様オーダー品


今回は、メールにてご依頼を頂いたお客様です。メールだとついつい初めてのお客様という意識がありましたが、実は過去何度もご来店頂いておりました常連様でした。
今回も精一杯頑張らせて頂きました★

パッとエフェクターを見た感じで、お分かりの方も多いかと思います♪いずみ様は”ポール・ギルバート”の大ファンという事もあり、セレクトしたエフェクターもポールが使用している機種がチラホラ。
これらを全て直列で配線するあたりは、リアルタイムでのOn/Offを頻繁にされるプレイヤーならでは。勿論、踏みやすさを追求して2段に床上げしております★

とは言え、流石にTunerは直列では音質劣化が気になるという事で、この様にJunction BoxにA/B Out機能を搭載してみました★
これでTuner Out時は音声もシャットアウト出来ます!!
設置位置がどうしても右上になってしまいましたので床上げ台を作りました。

電源は当店でもお馴染みのVoodoo PedalPower2+を採用しております。
これでノイズ面も、かなりクリアになりますし、コンセント一本で全て供給可能♪という事で、来年もコレがかなり売れる事でしょう。
今回はPP2+のみですと電源供給し切れないので、入力部分に設置したMXRのBufferとTunerからお裾分けして対応しました。

後ろから見ると、まだスペースがありますね★今後ここに何が追加されるのかな?と、わくわくしてしまいます。
今回はシンプルにケーブルはC.A.JとSwitchcraftでラインを配線し、スッキリと収めてみました。
ただ単にコンパクトに収納するだけですと、プレイ中に踏み替えが難しいなどの問題がありますので、この様に整列させて設置するのが一番ですね★

ここからは、いずみ様のコメントです。

●コンセプト
Mr.BIGのギターであるポール・ギルバートのボードの再現です。ポール・ギルバートは頻繁に使用エフェクターを替え、ひとつの決まったエフェクターボードを組まないので、本人の使用頻度が高いエフェクターのみ集めました。
完全再現ではなく自分の環境に合わせたアレンジを加えました。

●完成後のご感想
 自分のイメージしてたボードがそのまま組み上がりました。細かな改良もして頂いて期待以上のものが出来上がりました。特にノイズが格段に減ったことが大きかったです。
別途制作していただいたジャンクションボックスは扱いやすく、白LEDがわかりやすいです。底上げ台やケーブルタイの配慮も行き届いて素晴らしかったです。
 この度は製作ありがとうございました。

こちらこそ、当店ご利用頂きありがとうございました。
また今後とも末永くご愛顧賜ります様お願いします★

という事で、次は貴方のボードが載るかもしれません?!
是非この機会にボード製作・組み込みなどのご用命・ご相談は当店まで御気軽にお申し付け下さい。

shop info店舗情報

ドクターMusic
樺部電子楽器

〒463-0025
名古屋市守山区元郷1丁目1407
TEL.052-739-6412
FAX.052-739-6413