本文へスキップ

                        中部地区唯一ギターアンプ修理の専門店で      樺部電子楽器

電話でのお問い合わせはTEL.052-739-6412

〒463-0025 名古屋市守山区元郷1丁目1407

エフェクト・ボード製作その74

名古屋市在住 ex.A`LETZA 迅 様オーダー品

足元にアンプのフットスイッチとエフェクターとワイヤレスが並んだ光景を、時々ライブで見かけます。
ライブ前になるとステージ上で、ガチャガチャとセッティングするのって大変ですよね。
決して広いステージじゃない場合は、ステージセンター位までエフェクターが迫って来て結構邪魔だったりします。
そんなボードをスッキリさせてセッティング時間を短縮出来れば・・・という事で纏めてみました★

今回はお持ち込み機材が殆どで、いわゆる「組み直し」の作業となりましたが、スッキリ纏めて踏みやすくなったと思います♪
専用フットスイッチが大きめな事もあり、コンパクトエフェクターのOn/Offが大変だったと思います。
Providenceのスイッチをこんな感じでセットしたので、軸足の重心そのままに踏み込める様になりました。
専用フットスイッチのコネクターに接触不良が多いことはご存じでしょうか。
プレイする度に抜き差しをする事で接点が摩耗したり、ホコリを挟んでしまったり、ある日突然動作不良を起こす事も。

またコネクターの根元を無理に可動させる事で断線したり・・・そんなトラブルを軽減させるべく、このように固定してみました★
また、Providenceのスイッチ”PRX-1L(現在のRX-L1)”はバッファー未搭載という事もあり、今回MXR/CAEのBufferを組込みしました。

各Loopのラインは、なるべく上から見てもスッキリと見える様、このように運びました。勿論、床上げ台もプラグの長さを考慮してオーダーで製作したのですが如何でしょうか。
ボードへの固定は”Bonding Tape”でガッチリ留めつけしておりますので、ちょっとやそこらの衝撃では絶対剥がれない頑丈なボードになっています。

ライブも予定が立て込んでおられた様で、当店スタッフ三宅が急ピッチで組込みしてお返ししました★

ここからはex.A`LETZA 迅 様のコメントです。

●コンセプト
できるだけアンプ直をそのままに活かす事がコンセプト

●完成後のご感想
今まで自分でエフェクトボードを組んでいたのですが、
配置や配線に煮詰まり今回、ドクターMusicさんにボード製作をお願いさせて頂きました。
配線の取り回しなどで目からウロコのテクニックの数々で
完成したボードを見て「綺麗!」と感動しました。
今後、ボード製作や拡張は是非ともドクターMusicさんにお願いさせて頂きます。
素晴らしいエフェクトボードをありがとうございます。

こちらこそ、当店ご利用頂きありがとうございました。
また今後とも末永くご愛顧賜ります様お願いします★

という事で、次は貴方のボードが載るかもしれません?!
是非この機会にボード製作・組み込みなどのご用命・ご相談は当店まで御気軽にお申し付け下さい。

shop info店舗情報

ドクターMusic
樺部電子楽器

〒463-0025
名古屋市守山区元郷1丁目1407
TEL.052-739-6412
FAX.052-739-6413