本文へスキップ

                        中部地区唯一ギターアンプ修理の専門店で      樺部電子楽器

電話でのお問い合わせはTEL.052-739-6412

〒463-0025 名古屋市守山区元郷1丁目1407

エフェクト・ボード製作その66

群馬県在住 ミッチ様オーダー品


今回のご依頼者様は、群馬県からお越しのお客様です。
今回はスイッチャーを使用せず、基本的にはシンプルなシリーズ配線で、使用アンプ(シンプルなクリーンアンプor2ch send/return付きアンプ)両方で使用出来るボードをご依頼頂きました!!
ご依頼頂いた初期段階から、ある程度プランが出来上がっている方でしたので、割とサクッと組み上げる事が出来ました。

ここ最近エフェクトボード組込みの時に「Line6のM9/M5を組み込みたい」というご相談を頂く事が増えました。
所謂「マルチエフェクター」なのですが、これがなかなか利便性が高く使い勝手も良い事を再確認しました♪
問題点を上げるとしたら、ディスプレイが少し小さいですね。
そして、他機種と比べてアダプターのサイズが大きいです。
ユーザー様の中には「パワーサプライで電源供給が出来ないか。」とご質問される方もおりますが、マルチ故に結構な電流消費をするので、当店はお勧めしておりません。

この様に専用アダプターを設置して電源供給しております。当店は組込みの際に「仮組み」と言って、まず一度仮で電源を全て供給して音声にノイズやハムが乗らないか。電源がしっかり供給出来ているか。の確認をします。
同時に幾つかのエフェクターを使用すると、時々誤動作を起こすといったケースが結構ありますので、ご自身で組まれる方は気をつけて下さい。
(意外とこれがライブ中に起きるので怖いです。)
電源はPedalPower2+で殆どを供給しておりますが、最近人気のFree The Toneのパワーサプライも気になっております。
どちらにしてもパワーサプライは底なしに電源が供給出来る訳では無いので、特にデジタル物に関しては余裕のあるアダプターを使用して安定電源を送れる様にするといいかもしれませんね。

入出力に関しては、この様に当店にてJunction Boxを製作して設置しました★
ここには、Input/Output/Send/Returnに加えて、外部アンプのch切替に使用する端子も設けております。
これはボード手前にあるBOSS FS-5Lに繋がっております。
全体的には、お客様の理想的な設置位置を忠実に再現しつつ、ケーブルが無理無く流れる様一部床上げをしたりと、上から見るとケーブルがあまり見えないスマートなボードになりました♪

ここからはミッチ様のコメントです。

●コンセプト
スイッチャーやラックを使わない(なるべく)コンパクトなシステム。
スタジオのマーシャルと手持ちのアンプ(5wフルチューブ1volのみ)を使い分けるので両方の場合に対応できるように。

●完成後のご感想
台座や電源周りなど細かい点まで気を配られたボード製作は流石の一言です!
直接操作のエフェクターばかりの中で非常に使い勝手の良いボードを作ってくれた事に感謝しております!
特にジャンクションボックスは秀逸ですね!
ありがとうございました!

こちらこそ、当店ご利用頂きありがとうございました。
またこれを期に末永くご愛顧賜ります様お願いします★

という事で、次は貴方のボードが載るかもしれません?!
是非この機会にボード製作・組み込みなどのご用命・ご相談は当店まで御気軽にお申し付け下さい。

shop info店舗情報

ドクターMusic
樺部電子楽器

〒463-0025
名古屋市守山区元郷1丁目1407
TEL.052-739-6412
FAX.052-739-6413