本文へスキップ

                        中部地区唯一ギターアンプ修理の専門店で      ㈱中部電子楽器

電話でのお問い合わせはTEL.052-739-6412

〒463-0025 名古屋市守山区元郷1丁目1407

エフェクト・ボード製作その59

大阪府在住 Peipei様オーダー品


久し振りに関西のお客様よりご依頼頂きましたボードです★元々プロとして活躍されておられたギタリストとの事で、以前は大掛かりなラックシステムを使用されていた様です。
最近はコンパクトのみでアンプを主体とした音作りになっているので、今回そのコンパクトエフェクターの操作性を上げるべくご依頼頂きました。

メールやお電話でのディスカッションを経て、より実用性を考えたシステムを組む事となりました。
ご依頼者様が慣れているリアルタイム・コントロール部分を残しつつ、空間系をスイッチングマシンで一括呼び出しをするご提案をさせて頂きました。
今までは全てマニュアル操作でご使用されていた事もあり、少しでも整理整頓をした上で使い易くしてみました♪
最近人気の”C.A.J Loop&Link”を使い、TS808と空間系のみをメモリーします。

電源はVoodoo PedalPower2+を使用しておりますが、電源端子の関係上チューナーより電源のお裾分けを頂きつつ、Loop&Linkに関しては2段目の床下にアダプターを忍ばせてあります。
電源部分の引き回しや、消費電流、電源ノイズの対策など、いろいろ試してみた結果この様になりました。
勿論、In/Out/Send/Returnを纏めたJunction Boxを設置。

こちらのJunction BoxはE.W.Sから発売されているVolume Controlerをノックダウンして組み込んでおります。
音声ライン的にはReturnに返す手前の部分になりますので、実質的にはMaster Vol.代わりになります。
これを足でグルっと動かして調節するのですが、やってみると意外に使い易いのです★しかも矢印がありますので、バッキング~ソロの際にどの位置にセッティングすればいいのか、目視で解りやすいんです。
本来ならば一番手前に設置したいところですが、ボードの設置位置などを考慮してここに取り付けしました。

ある程度の部分までご指定・ご検討頂き、最終的には一任して頂いたので、割と今の自分が一番使い易そうな組み込みが出来たと思います。

ここからはPeipei様のコメントです。

●コンセプト
ギターからアンプ間のTS808、アンプからSend/Return内を通るエフェクターをスイッチングシステムで一括コントロールしたい。

●完成後のご感想
まず驚いたのが、圧倒的にノイズが少ない点です★
そして無駄のない配線処理。9V電池に限りなく近いDCラインなど、、、正にプロの仕事って感じです♪
でもトラブったら何処が悪いのか分かりません(笑)
Loop&Linkは機械音痴な僕でも直ぐに使いこなせました★
藤原さん、どうもありがとうございました。
今後とも宜しくお願いします。

こちらこそありがとうございました。
当店は組み込みした後も、変更・調整・音作りなどもお手伝いしております。
遠方の方の場合は、なかなか実機を目の前にという訳には行きませんが、何か不都合や問題がありましたら、お気軽にご連絡下さい!!
今後とも変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。

次は貴方のボードが載るかもしれません。
是非この機会にボード製作・組み込みなどのご用命・ご相談は当店まで御気軽にお申し付け下さい。

shop info店舗情報

ドクターMusic
㈱中部電子楽器

〒463-0025
名古屋市守山区元郷1丁目1407
TEL.052-739-6412
FAX.052-739-6413