本文へスキップ

                        中部地区唯一ギターアンプ修理の専門店で      ㈱中部電子楽器

電話でのお問い合わせはTEL.052-739-6412

〒463-0025 名古屋市守山区元郷1丁目1407

エフェクト・ボード製作その40

愛知県在住 S様オーダー品

最近ちょっぴり大掛かりなボードをご依頼頂く事が多かったのですが、今回S様よりご依頼頂いたボードはシンプル且つ機能性の高い組み合わせという事で、担当三宅がガッチリ対応させて頂きました★
まず、ボードは定番”Pedaltrain 2″にパワーサプライ”Voodoo PedalPower2+”を組み込みました♪
これだけで今まで以上に音質向上が体感出来るかと思います。
音声経路的には、直列接続となりますが、音痩せは全く気になりませんでした♪

リアパネルの配線はこのような感じです♪なるべく短距離にしてDCラインとの間隔を考えて這わせています。
そして、今回最大の問題点がEventideとMXRのEQの電源をどのように取るかという点です。
このような時、PedalPower2+は大変便利です★
今回は、消費電流の多いデジタルエフェクターのEventide用として、PedalPower2+のDC Outを2箇所使って電流容量を増やして供給しました。
また、MXRのEQは18VDCという事なので、これもPedalPower2+の2箇所を連結して18VDC電源を作りました。
これらは、一般的なパワーサプライでは出来ない技なので、皆さんくれぐれも無茶をしない様にして下さい。(パワーサプライを破損させる事となります。)

また、このように、Pedlatrain自体にJack端子を組み込んでJunction Box代わりにする事も可能です★
今回使用したケーブルは、Custom Audio Japan製ケーブルにSwitchcraftで、一本一本丁寧に作りました。
実際に組みあがって、試しに使用してみたのですが、このEventideのリバーブは凄いですね。
大げさな空間を作れたり、本当に自然な部屋の反響感も作れるなど、使い込み要素が満載のリバーブでした♪

ここからは、S様のコメントです。

●コンセプト
パッチケーブル、電源周りの見直し考えていて、新たにボードに入れたいエフェクターもあったので思い切ってドクターさんに相談させて頂きました。

●完成後のご感想
組み上がったボードを見てまずカッコイイ!見えない部分ではありますが配線の取り回しも美しくして頂き、見た目もカッコよ過ぎで大満足です。早速練習で使用しましたがノイズも以前と比べて格段に減りました。これもドクターさんのお勧めのPedal Powerと配線の引き回しによるものでしょうか。最初は自分で組込みをしようかと思っていましたがやはりドクターさんにお願いしてよかったです!またいろいろ相談させて頂くことがあるかと思いますがよろしくお願いします。ありがとうございました!

こちらこそご依頼ありがとうございました★

今後とも変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。

次は貴方のボードが載るかもしれません。
是非この機会にボード製作・組み込みなどのご用命・ご相談は当店まで御気軽にお申し付け下さい。

shop info店舗情報

ドクターMusic
㈱中部電子楽器

〒463-0025
名古屋市守山区元郷1丁目1407
TEL.052-739-6412
FAX.052-739-6413