本文へスキップ

                        中部地区唯一ギターアンプ修理の専門店です     ㈱中部電子楽器

電話でのお問い合わせはTEL.052-739-6412

〒463-0025 名古屋市守山区元郷1丁目1407

エフェクト・ボード製作その244

興津 博規様オーダー品

こちらのボードのご依頼者様はプロベーシストとしてだけでなくベース講師もされておられる方です。
ここ最近はベース用のエフェクターボードを制作する機会も増えて、まだ触った事の無い機器などもあったりでワクワクします★
今回のボードシステムも、個性的且つ実用性の高いエフェクターが収納されております。
レイアウトを吟味していく中で、どうしても既製サイズでは収まりが悪いという事があり、オーダーサイズのエフェクトボードをご用意させて頂きました。
レイアウトの自由度が高いオーダーサイズボードは、ストレスフリーなボードに仕上がるのでお勧めです♪



機材レイアウトを重視したボードにおいても有効なのが、入出力端子を集約するJunction Boxです。
今回はINPUT/OUTPUTのみのシンプルな接続の為、FreeTheTone JB-21をご用意いたしました。
これによりステージやリハーサルでのセッティングをスムーズに行う事ができます。



ボード右下に設置されているのは、当店にて製作させて頂きましたLoop Switchとなります。
ここにはLine6 HX Stompが接続されており、LoopをOFFにすれば完全にBypass状態にする事が出来ます。
その理由は、デジタル機器を接続するだけでベース本来の立体感が損なわれてしまう為、必要な時以外はデジタル機器を通したくない、というご依頼者様からのご要望でした。

Peterson Strobo Stompは当店オリジナルのアングル台に設置し、傾斜させる事で視認性を高めております。



床台の上には、今ベーシストの間で話題になっておりますInner BambooのU-ⅡCompressorとB-ⅡPreampを設置。
こちらのコンプは所謂ペダルタイプのコンプの部類に入りますが、それまでのコンプと比べてもタッチセンスの強弱で自在なコンプレッションが得られ、またプリアンプに至っては劇的な音質調整が出来るだけでなく、大変ローノイズで太く芯のある音質が得られる逸品です♪
マーブル模様が特徴的なBob BurtのReverbからERNIEBALLのVolume Pedalを経て、tc electronic Ditto Looperに接続しております。



電源はStrymon Zuma R300をお持ち込み頂きましたが、搭載するエフェクターの数に対しDC出力数が不足してしまう為、Ojai-Xを追加でご用意させていただきました。
DCケーブルはパワーサプライの付属品を加工し、長さを調節して接続しております。
HX Stompは、ZUMA R300の出力端子x2口を使用しカレントダブラーケーブルにて供給しています。
(こちらの供給方法は、アイソレート出力を持つパワーサプライでのみ可能です。 なお、この供給方法での動作を確約するものではありません事をお断りしておきます。 同様の供給方法での機器の動作不具合などにつきまして、当店では一切の責任を負いかねます。)

パッチケーブルはCAJケーブル+Switchcraftプラグにて作成しました。
これらの配線はボードに固定しておりますので運送中にプラグが抜けたりするトラブルは皆無です★

今回使用したボードはエフェクター取付面がFRP素材のPULSE/PECタイプとなりますので、3Mのファスナータイプでガッチリと固定しております。

ここからは、興津 博規様のコメントです。

●ご依頼いただいた経緯・コンセプト

以前からwebサイトを拝見させていただいていました。
エフェクターの設置や配線の美しさやなど、プロにしかできない丁寧な仕事ぶり を拝見して、自分も新しいボードを組むときはぜひお願いしようと狙っておりましたw

●完成後の感想

各エフェクターの設置バランスや視認性、配線の処理、どれをとってもバッチリです!
暗いステージでの踏み間違いもなく、快適に使わせて頂いております。
色々細かいオーダーや相談にも気軽に応じて頂き、ありがとうございました。
またメンテナンスの際にお伺いすると思います。
よろしくお願いします。

この度は当店をご利用いただきましてありがとうございました。
今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。

shop info店舗情報

ドクターMusic
㈱中部電子楽器

〒463-0025
名古屋市守山区元郷1丁目1407
TEL.052-739-6412
FAX.052-739-6413