本文へスキップ

                        中部地区唯一ギターアンプ修理の専門店です     ㈱中部電子楽器

電話でのお問い合わせはTEL.052-739-6412

〒463-0025 名古屋市守山区元郷1丁目1407

エフェクト・ボード製作その239

玲様オーダー品

久し振りに大型ボードの制作ご依頼を頂きました★
ボードサイズはw900×d500と、なかなかのサイズです。
既にご自身で組まれたボードを更に使い易く、また当店にてご購入頂きましたBogner Ecstasy 101Bとの組み合わせで使えるボードをご希望との事で、企画の段階から何度もディスカッションを繰り返して内容を決定。 その過程で更に追加機器が発生したり仕様変更があったりとで、設計はその都度アップデートしました。 その甲斐あって、ご依頼者様のご意向に沿った豪華なボードに仕上がりました♪
さて、その内容について、じっくりとご説明して参りましょう。



当初はワイヤレスにBOSS WL-50を設置する予定でしたが、以前から「音切れが起きる」というご意見がありましてSHURE GLXD16に変更しております。
GLXD6レシーバーの下にはJunction Boxを設置。今回BognerアンプのLOOP回路を使用しての4ケーブルメソッド接続の為、Guitar In/To Amp/from Send/To Return端子を立ち上げています。



ワイヤレスの出力はボード右上に設置されたFreeTheTone LB-2を通った後、Wah Pedalを経由して、ES-8に入力されます。
こちらのLB-2の各Loopにはコンプ、フィクスドワウを接続してます。
ES-8には8系統のLoopが搭載されておりますが、この様に追加でLoopが必要な場合はLB-2が有効です。 (LB-2のLoopのOn/OffはES-8のCTLスイッチを活用して切り替えております)

ES-8の"Vol.Loop"を活用してアンプのSend/Returnに接続する、4ケーブルメソッド (Guitar➡Pre Effects➡Amp Inputへ。Amp Send➡Post Effects➡Amp Returnへ。) を採用しており、Bogner Ecstasy101Bのドライブサウンドを生かしつつ空間系が綺麗に掛かる様にしております。
接続するだけで若干音質が変わってしまうWhammyや空間系としても大変有効なLine6 HX Stompも全てLoopに接続する事でドライなサウンドを求めた際の肉厚なトーンを失わない様に配慮がされております。



今回ある程度設計が固まっていた段階でご依頼者より新たに「2系統のLoop Switcherを増設したい」とのご提案を頂きました。
既にボードスペースがギリギリとなっており、それであってもなるべく「踏み易さ」を考慮する必要があったので、この位置にオリジナルループスイッチャーを製作・設置致しました。
カラーもご依頼者様のご希望の「イエロー」カラーにしております♪
必要であれば、この様なオリジナルボックスも製作致しますので併せてご相談下さい★



ES-8より出力されるMIDI信号はMB-5を介して、Whammy・HX Stomp・RJM Mini Amp Gizmoに接続しました。
MB-5の空いたMIDI出力は今後外部MIDI機器を連動させる為に使用されるとの事です。
これもまたボード設置スペースが限られており、床台を設置して挿し込み易くしております。

HX Stomp・Whammyの両機種の電源供給は専用アダプターを使用する為、ボード左上に設置したAC Tapに接続しています。
HX StompとiSP Decimator2、BOSS PH-3の床下にはStrymon Zuma R300×1、Ojai-X×2台が設置されており、各エフェクターにクリーンな電源を供給しております。



MIDI信号を受けてBognerなどアンプのチャンネル等を切り替えてくれるスイッチ機器として非常に重宝されております「RJM Mini Amp Gizmo」を、この位置に設置。
本来ならば背面の出力端子がボード外側に向いているのが理想的ですが、設置スペースが限られている点やスイッチの状態をチェックするという点も考慮して、LEDを外側にしました。

今回のボードは設置は全てマジックテープでの固定。 ケーブル類はスペースの関係もあり、FreeTheToneソルダーレスケーブル SL-4とSL-5を採用しております。
大きな床台を2つ設置した立体感のあるボードとなりました★
既にお好きな方は分かると思いますが、B'zフリークのご依頼者様ならではの拘りが詰まったボードになっております。

ここからは、玲様のコメントです。

●ご依頼いただいた経緯・コンセプト

《依頼させていただいた経緯》
以前からエフェクターボードのブログを拝見しておりました。
今回、アンプの購入をきっかけに、アンプを主にしたボードとしたく、依頼させていただきました。

《拘り、コンセプト》
・アンプもエフェクターも全て足元でコントロールできること
・アンプのプリアンプ部をエフェクトループに取り込めること
・ボードはこれ以上大きくしないこと
・FATエフェクターを全部入れること
・外部エフェクター、MIDIが接続できること

●完成後のご感想

遠方であること、またコロナウィルスの影響もあり、お店に伺って直接相談することがなかなかできませんでしたが、メールでの連絡を約80通、電話での連絡も約15回と、藤原様に非常に親切に相談に乗っていただきました。
依頼後すぐに配置図と見積りを送っていただき、その後の変更点もすぐに反映して送ってもらったため、配置も金額も非常にイメージがしやすかったです。
また、私のような素人にも分かりやすく、丁寧に色々なことをご教示、アドバイスしていただきました。
完成したボードを最初に見た時は、とにかく見た目がキレイであることに驚きました。
車での運搬のため、これ以上ボードを大きくしないことがコンセプトのひとつでしたが、限られたスペースの中に納めていただき、依頼した側からしてもよくこの中に納められたなというのが正直な感想です。
演奏してみての感想はコンセプト通り、アンプもエフェクターも足元でコントロールでき、余計なノイズもなく、非常に満足しています。
音作りにはまだまだ時間がかかると思いますが、このボードに恥じない演奏ができるよう、精進します。
今後ボードを組み直す際には、またドクターミュージック様にお願いしたいと思います。今後ともよろしくお願い致します。

この度は当店をご利用頂きましてありがとうございました。
今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。

shop info店舗情報

ドクターMusic
㈱中部電子楽器

〒463-0025
名古屋市守山区元郷1丁目1407
TEL.052-739-6412
FAX.052-739-6413