本文へスキップ

                        中部地区唯一ギターアンプ修理の専門店です     ㈱中部電子楽器

電話でのお問い合わせはTEL.052-739-6412

〒463-0025 名古屋市守山区元郷1丁目1407

エフェクト・ボード製作その229

oginobu様オーダー品

こちらのご依頼者様は、当店とも長いお付き合いをさせて頂いておりますベテランのギタリスト様。以前より当店をご贔屓頂いておりまして、メインのアンプ「FRIEDMAN BE-50 Deluxe」なども当店にてご購入頂いております
そんなoginobu様より「エフェクターボードの制作」のご依頼を頂きましたので、ガッツリ組ませて頂きました。
それまで重量級の機材をご使用されていた事もあり、今回は「コンパクトに持ち運びし易いボード」をコンセプトにPULSE EC-05(w495×d395)に収められるギリギリのところまで攻めてみました



ワイヤレスはLine6 Relay G70という事で、今回Junction Boxの上に設置する事となりました。Junction BoxにはOutputTRS(アンプch.切替え等に活用出来るstereo端子)MIDI THRU OUTを設置。
そしてそこからShin's MusicBaby Perfect Volume Hybridを経由してFreeThTone ARC53Mに接続されております。



アンプより手前に接続する"Pre Effects"のみをボードに収納するというご意向通り、ボード内にはXotic SP Compressor、Vemuram JanRaySuhr Eclipseに加えてE.W.S Stereo Chorus ModStrymon Mobiusを設置。
スイッチャーはFreeTheTone ARC-53M(Black)をチョイス
Strymon MobiusのみLoopに接続せず、ARC-53MよりMIDI信号でBypassProgram Selectを行える様にしております。
その他、チューナーはVol.Pedalより入力しておりますので、ARC-53MMUTEスイッチのアサインを"MODE Switch"にセットしておきました。
このMODEDirectモードにして頂く事で、今まで通りマニュアルで各エフェクターを呼び出せる様にしておきました。



DCケーブルも全て当店にて一本ずつ計測しての設置となります。
SuhrEclipseに設置されていますLINK端子をARC-53Mに接続して、Blue/Red ch.の呼び出しもARC-53Mで指定出来る様にしてあります
また小さな事ですが、奥の列に設置されているt.c.electronic Polytune2は手前に傾斜して設置しておりまして、視認性を高めております



電源部分は、今回FreeTheTone PT-1Dをメインに設置し、ARC-53MMobiusRelay G70のみアダプター供給としておりますが、、、、アダプター接続スペースが取れず、苦肉の策としてこの様にPT-1Dの側面AC端子よりTapを引き延ばして床台の下部にG70用のアダプターを設置しております。
全体的に非常にタイトなスペースに収納する事となりましたが、結構綺麗に組込みが出来たと思います♪
お引き渡しの際にARC-53Mのセッティング方法をレクチャーさせて頂き、無事納品する事が出来ました

ここからは、oginobu様のコメントです。

●ご依頼いただいた経緯・コンセプト

1.friedman ampの歪みとコンパクトエフェクターの歪みで音色バリエーションを増やしたい。
2.ボードを軽量化する為、プリエフェクター、ポストエフェクターを分けたい
3.ライブ現場によって持って行く機材を使い分けたい。
4.プリエフェクターはやはりアナログと言う思いが有った。

●完成後のご感想

とても丁寧な配線にレイアウトでコンパクトに纏めていただきエフェクターボードに見惚れてしまいます。
今回作成して頂いたプリエフェクターボード→friedman amp→空間系fractal で音出ししましたが、僕が求めていた音でした。
ライブに間に合わせてくれる為の短納期での作業も、本当にありがとうございました。
今後も色々相談にのって下さい。宜しくお願いいたします。

この度は当店をご利用頂きましてありがとうございました。
今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。

shop info店舗情報

ドクターMusic
㈱中部電子楽器

〒463-0025
名古屋市守山区元郷1丁目1407
TEL.052-739-6412
FAX.052-739-6413