本文へスキップ

                        中部地区唯一ギターアンプ修理の専門店です     ㈱中部電子楽器

電話でのお問い合わせはTEL.052-739-6412

〒463-0025 名古屋市守山区元郷1丁目1407

エフェクト・ボード製作その226

M様オーダー品

こちらのボードは当店とは長いお付き合いをさせて頂いております常連のお客様からのご依頼です★既に何度か組込みのご依頼を頂いておりましたが、今回ボードサイズをコンパクトに纏めて、それに伴い搭載エフェクターの殆どを新規でご用意させて頂く事となりました。

それまではLine6 HELIX FLOORを収納する程の大型ボードをご使用されており、比較すれば半分近いコンパクトなボードに仕上がりました



音声ラインの流れですが、基本ワイヤレスでのご使用との事で、Line6 Relay G50の出力からコンパクトエフェクターを通した後にHX Effectsに入り、HX EffectsLOOP回路Send→Amp Inputへ。Amp Send→HX ReturnHXOutput→Amp Returnへという流れになります。
アンプと接続される3本の音声ラインはJucntion Boxに立ち上げしています。
またアンプのチャンネル切替が必要な為、HX Effects"EXT AMP"コントロール信号を同じJunction Boxに立ち上げており、アンプとの接続を容易にしてあります。



コンパクトエフェクターはあえて歪み系を排除し、Suhr Jack RabbitMXR EVH90EVH 117を接続。EVHシリーズは発売から結構経ちますが今でも人気の衰え知らず
ケーブルはCAJ+Switchcraft製を使用し一本ずつ計測しながら製作しております。
ボードはPULSEEC-05を使用し、設置はマジックテープでの固定となります。



アンプのSend/Return間に接続する"Post Effects"は、このLine6 HX Effects一台で完結させております。HX Effectsは同社フラッグシップモデルのHELIXに搭載されているエフェクターを搭載したフロアタイプのマルチエフェクターとして多くのギタリスト/ベーシストが愛用しております。最大9種類のエフェクターを同時使用可能でアンプとの組み合わせにも対応しております。



電源部分は、Strymon Zuma R300CAJ HUB6を併用しての供給となります。
HX Effects9VDCながら消費電流量が大きい為、HX STOMPでの前例に習い「Zuma R300の9V端子(500mA)2系統使用した1A出力」で供給しました。
アナログエフェクター類は、HUB6を仲介して分配供給をしております。EVH117 Flanger18VDCとなりますので、今回Xotic Voltage Doublerにて18Vに昇圧して供給しております。

ここからは、M様のコメントです。

●ご依頼いただいた経緯・コンセプト

ボーカル兼ギターの為、足元のボードサイズをコンパクトにまとめたかったので依頼させて頂きました。


●完成後のご感想

配置を含め色々ご提案していただいて、ほぼお任せで作ってもらいましたが、コンパクト且つ使い易いボードになりました。ありがとうございました。

この度は当店をご利用頂きましてありがとうございました。
今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。

shop info店舗情報

ドクターMusic
㈱中部電子楽器

〒463-0025
名古屋市守山区元郷1丁目1407
TEL.052-739-6412
FAX.052-739-6413