本文へスキップ

                        中部地区唯一ギターアンプ修理の専門店です     ㈱中部電子楽器

電話でのお問い合わせはTEL.052-739-6412

〒463-0025 名古屋市守山区元郷1丁目1407

エフェクト・ボード製作その225

S.K様オーダー品

こちらのご依頼者様は以前ご自身でボード制作にトライをされていたとの事でしたが、今回当店にご依頼頂くにあたり新規導入機材も併せてご用意させて頂く事となりました♪
しっかり設計図を起こして、ご依頼者様のご意向やご希望に沿ったシステムを考案させて頂きました。
出来上がりのクオリティもそうですが、常に使用者の方の事を充分考えて配置やセッティングに気を遣っております。



今回使用したボードはPULSE EC-06(w595×d395×h100mm)。ケーブル類は一部スイッチ回路に使用するケーブルを除き、FreeTheToneSolderlessケーブルを採用しました
昨今、多くのブランドより発売されておりますSolderlessケーブルですが、その信頼度やプラグサイズなどを考慮しての選択となります。
ボード右上に設置されておりますJunction Boxには、Guitar InOutputSendReturnに加えARC53Mからのスイッチ信号を引き出しております。
この端子を活用する事で、一部のアンプのchannel切り替えなども行える様になりますので、大変便利かと思います。



ボード左手前に設置されているFUZZ FACE MiniHTS回路を通さずにARC53MLoop5に入っており、これによりFUZZ本来のサウンドが得られつつOn/Offもプログラム毎に設定が出来る様にしております。



中段に床上げ台を設置して、ARC53Mへのケーブル入出力がこの下を通る様にしております。床台にはチューナーを始めエフェクターを各種設置して接続しております。特にTimelineの場合はTAPを踏む事を考慮すると、なるべく演奏中に踏み易い様にという事もありますので。
また後列にも同様にエフェクターを設置する事でボードサイズを有効活用しております。床台のみのご注文等のお問い合わせを頂く事が多いのですが、、、こちらは当店にボード制作をオーダーして頂いたお客様にのみご用意させて頂いておりますので、この様なボードをご検討さている方は是非お気軽に制作のご依頼を。



音声ラインの流れとしては、4ケーブルメソッド(Guitar→Pre Effects→Amp InputAmp Send→Post Effects→Amp Return)が可能な様に作られており、Post EffectとしてTimelineを設置。
こちらはARC53MMIDI信号によりOn/Off及びプリセットの呼び出しが出来る様にしております。
電源は、Voodoo Lab.PedalPower2+を設置し、ARC53MPP2+AC Outlet端子に専用アダプター接続で供給。TimelinePP2+の"L6"端子を並列接続して500mAを供給しております。
またその他一部エフェクターはDCラインを橋渡しする形で分岐供給しております。

ここからは、S.K様のコメントです。

●ご依頼いただいた経緯・コンセプト

以前からノイズと音痩せで悩んでいました。なんとか悩みを解消していただきたく、ボード製作の依頼をさせていただきました。


●完成後のご感想

・気になっていたノイズと音痩せが無くなりました。

・レイアウトがとても綺麗で、二列目エフェクターを床上げしていただいたので、ディレイの操作にストレスを感じません。

・以前製作していただいたジャンクションボックスですが、現在の用途に合わせた改良を提案していただいたおかげで、音を出すまでの準備が楽になりました。

親切丁寧かつ的確な提案をしていただいたおかげで、見た目も機能も大満足のボードになりました。今後も変更等がある際は、依頼させていただきます。

この度は当店をご利用頂きましてありがとうございました。
今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。

shop info店舗情報

ドクターMusic
㈱中部電子楽器

〒463-0025
名古屋市守山区元郷1丁目1407
TEL.052-739-6412
FAX.052-739-6413