本文へスキップ

                        中部地区唯一ギターアンプ修理の専門店です     ㈱中部電子楽器

電話でのお問い合わせはTEL.052-739-6412

〒463-0025 名古屋市守山区元郷1丁目1407

エフェクト・ボード製作その218

WildBore Makoto様オーダー品


今回のボードは、御覧の通りなかなか大型のボードシステムのご依頼です!!
w900×d500(mm)のPULSE製ボードがカツカツになる位、沢山のエフェクターが組み込まれております。
では、内容について簡単にご説明して参りましょう♪



まず入出力端子は、この様にJunction Boxを設置し、その上にプログラム式のEQを載せております。このJunction Boxにはシールドケーブルの入力とは別にSHURE GLXD16の入力も入っており、シールドジャックを挿し込むとシールドラインが優先される様になっております。
またプログラム式EQは、使用されるギターの特性に合わせて予めEQ設定を作っておく事で、ある程度音質と音量を揃えられる様にしております。



スイッチャーはBOSS ES-8をチョイス。このES-8は8系統のLoop回路に加えてVolume Loopも搭載しており、また接続順を本体内で変更可能、MIDI機能も充実しているスイッチャーです★今回、MIDI信号はFreeTheTone TRI AVATER、Eventide H9 Max、FreeTheTone Flight Timeに、MB-3を介して接続しております。
MB-3は床下に忍ばせておりますので上部からは見えません。



床台にズラりと並んだ空間系エフェクター類。よく見るとこの見覚えのある幾何学模様は、、、そう★
ご依頼者様は布袋氏の大ファンとの事で、このエフェクターで作るサウンドは勿論あの"ヘリコプターサウンド"です!!
全てにおいて拘りの詰まったエフェクターをセレクトしたボードとなりましたが、この数ですので接続ケーブルの本数だけでも凄い量!!
台座下に這わせてある為、本数の割にスッキリとして印象になっております♪




この様な大型ボードの際、一番の問題点が「電源」です。
今回は機材それぞれの電源が個性的だったりする点も考慮してVital Audio VA-08mk2を2台積みにして供給してみました♪ DC出力が16系統でも足りないので、一部エフェクターのみカスケード接続しております。ここにもちょっとした床台を設置しております。
手前はFreeTheTone PT-2で、ここにVA-08mk2のアダプターを接続しております。
ボードはPULSEにてオーダーしましたPECタイプ(エフェクター設置面もFRPボードの頑丈なシステムボード)をセレクトし、全てBonding Solution Pedal Board Tapeにて固定しております。

ここからは、WildBore Makoto様のコメントです。

●ご依頼頂きました経緯・コンセプト

ライブハウスで一緒にプレイをさせて頂き、その経緯でボード制作やアンプの調整を行ってもらいました。

私はあまり歪ませなく、コード感があり、出来るだけギターの音を素で出したいタイプで、
エフェクト等も最小限にしておりましたが、電源等の知識が少なく、今回ボード制作依頼をしました。
こだわりは、INPUTセクションでEQを噛ますという事です。
ギターが数本あるとどうしてもゲインが異なる、音域等が異なり、期待した音にならない事もあり、
INPUTでギター単位でEQを設定する事です。それと布袋氏のコピーを行う事も多々ありますので、
Delayやリバーブの1発音を空間セクションに入れています。
またギターボリュームを絞る奏法は一切しないので、歪みをシーン毎に変更したりします。
そうすると歪みだけでも何種類か必要になります。カッティング、バッキング、ソロ、全て歪みが
異なる所も拘りのポイントです。

●完成後のご感想

非常にキレイなレイアウトになりました。
また、配線処理もとても良く、各ペダルが調整しやすいようにレイアウトして頂きました。
今回ワイヤレスシステムも一緒に組み込んで頂きまして、本当に助かりました。
INPUTもワイヤレス、ジャックの2系統を用意して頂きまして、これでどちらのプレイも
出来るようになりました。有り難う御座いました。

この度は当店をご利用頂きましてありがとうございました。
今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。

shop info店舗情報

ドクターMusic
㈱中部電子楽器

〒463-0025
名古屋市守山区元郷1丁目1407
TEL.052-739-6412
FAX.052-739-6413