本文へスキップ

                        中部地区唯一ギターアンプ修理の専門店です     ㈱中部電子楽器

電話でのお問い合わせはTEL.052-739-6412

〒463-0025 名古屋市守山区元郷1丁目1407

エフェクト・ボード製作その194

Kosai様オーダー品



こちらのボードご依頼者様は、手持ちのプリアンプのフットスイッチを収納しつつプリエフェクトのみを直感的に切り替えられるボードをご希望という事で、この様に専用フットスイッチを中心としたコンパクトなボードとなりました。
プリアンプはC.A.A 3+を所有されており、また空間系はMIDI信号を使ってコントロールしたいとの事でしたのでコンパクトなMIDIコントローラー"FreeTheTone MC-3"を設置致しました。
パッと見た目が、かなりスッキリしていますよね???
実は見えないところにご依頼者様の拘りがしっかり詰まっておりますので、少しだけご紹介致しますね♪



まずJunction Boxは持ち込み品となりますが、Guitar In/Amp Out/Send In/Return Outの4メソッド配線が可能になっております。
このSend/Return間にはLow ImpのVol.Pedalのみ接続されており、接続次第によっては空間系の前にも後ろにもVol.Pedalを設置出来る様にしております。
そしてJunction Boxの上にはC.A.A 3+のフットスイッチラインが来ております。
このJunction Boxは当店にてオリジナルで製作させて頂きました★



ボード左側に設置されたVol.PedalとWah Pedal。
実はこのVol.PedalにはBufferが増設されておりまして、Vol.を絞った際の音質劣化を防いでおります。
ボード自体はPULSE製のFRPボードという事もあり、今回Bonding Effects Tapeにてガッチリ固定しております★ケーブル類はご依頼者様のリクエストでmogami 2524+Switchcraftを採用。



専用フットスイッチの奥には床台を設置して、MIDIコントローラーとVibrato、Compressorを設置。その奥にはTCのコーラスを設置しておりますが、、、この床下にはSuhr Bufferが仕込まれております★しかもこちらはパワーサプライVoodoo Lab.PedalPower2+のサージ電源を連結して、8V~18Vまで電圧を調整可能にしております♪ここもご依頼者様からのリクエストでした。
それらを含めてDCケーブルは全て当店にてオリジナル製作させて頂きました。



設計の段階でとにかくコンパクトに・・・というご意向もあり横長サイズのTunerを設置するスペースが悩みどころでした。という事で今回PedalPower2+の上にKORGのDT-7を設置し、音声は先程のSuhr BufferからパラレルOutした音声を接続しております。
結構観易い位置に設置出来て、しかもデジタルチューナーにありがちなパルスノイズもBufferからのアイソレートラインなので全くありませんでした♪
そして改めて全てを組み終えてから音出しチェックをしたのですが、、、PedalPower2+やっぱりイイですね★とにかく電源からの断続的なノイズも殆ど感じずクリアで、エフェクターの特徴がしっかり引き出されています。
オーダーボードのご用意や床台製作など、少しお時間が掛かってしまいましたが、ビシッと引き締まったボードが出来たと自負しております!!

ここからは、Kosai様のコメントです。

●ご依頼頂きました経緯・コンセプト

とあるプロショップに製作依頼したスイッチャ―で制御するボードを使用していました。
これはこれでメリットを享受できるものでしたが、私の趣向の変化があり、
もっとリニアで直感的に音色をコントロールしたいと思うようになりました。
「音」に関しては、千差万別で正解はありませんのでいろいろ悩むところですが、
私の場合は「愛着」や「(昔の)憧れ」などでアンプをCAE3+を選び、
アンプを主軸としてダイレクトな操作が行える直列接続という構想ができた段階で、
ペダル類をリフトアップすることが必要になりました。
また、近年の主流になりつつあるソルダーレス・ケーブルではなく、
昔ながらのハンダ付のケ―ブルに拘って使用したいと思っていました。
ペダルのリフトアップとハンダ付ケーブル、この2点に加えて、
アンプ純正フットスイッチをボード内に設置する必要があり、
市販品ではまかなえない配線が必要になりました。

このような経緯で、以前にもお世話になりましたドクターMUSICさんに相談して製作をオーダー致しました。

●完成後のご感想

自分でエフェクターボードを製作すると分かるのですが、
信号ケーブルと電源接続だけで、「音」は出るようになります。
しかし、予期せぬノイズ問題は素人では特定できなかったり、
キレイに整った配線回しに心折れて妥協してしまったり…
ということを経験していると、今回のボードも「さすがプロの仕事だなぁ」と納得の仕上がりです。

見た目がカッコイイと愛着も湧いてきますので、
目一杯活用していきたいと思います。

ボード完成に至るまでの過程、打ち合わせや相談、納期など
迅速かつ丁寧に対応して下さったので安心してオーダーすることができました。

お世話になりまして、ありがとうございました。

当店をご利用頂きましてありがとうございました。
今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。

shop info店舗情報

ドクターMusic
㈱中部電子楽器

〒463-0025
名古屋市守山区元郷1丁目1407
TEL.052-739-6412
FAX.052-739-6413