本文へスキップ

                        中部地区唯一ギターアンプ修理の専門店です     ㈱中部電子楽器

電話でのお問い合わせはTEL.052-739-6412

〒463-0025 名古屋市守山区元郷1丁目1407

エフェクト・ボード製作その170

I県在住・MSY様オーダー品



こちらのご依頼者様は、メールにてボード製作のご依頼を頂きましたお客様です★今回、ご希望とされるギターサウンドについても色々とご相談頂きながら、必要とされる新規導入機材も併せてご用意させて頂きました。シンプルに見えますが、基本的には「アンプを核としたシステム」になりますので、ボード内には一切歪み系ペダルは無し!!その分、空間系をしっかり揃えた実用性の高いボードとなりました。



メインのスイッチャーはFreeTheTone ARC3。空間系としてFreeTheTone FlightTime(現在生産中止との事)はギリギリGETしまして、Eventide PitchFactorFreeTheTone TRI AVATARを搭載。2列目をこの様に床上げしてTapなどリアルタイム・コントロールをし易くしておりますが、、、2列目に設置するエフェクターは、なかなか大型で背も高い事もあり、床台の高さは35mm程度に抑えて設置しました。手前に設置してあるのはKORG PitchBlack Cuctom。これもPolytune同様に視界性が高いTunerですね♪



Junction BoxにはInput/Output/From Amp Send/For Amp Returnに加えてMIDI THRU端子を搭載しております。このMIDI THRU端子からMIDI搭載アンプに接続すれば、ARC3でプログラム毎にchannelなどを連動切り替えも可能です。



MIDI端子でL型のプラグって意外に無い様で(最近は少しずつニーズに合わせたプラグも発売し始めている様ですが)こちらはSwitchcraft製のプラグを使用しました。このプラグは端子の角度も調整出来ますので、この様な感じで接続可能です。
また床台の高さ制限がありましたので、ARC3の上段部分に接続するケーブル類は端子が小さいFreeTheToneのSolderlessを採用しました。この様に固定観念に囚われず、臨機応変に使い分けをする様にしております。




電源については、ご相談頂いている段階で「音質重視」という事で、Voodoo Lab.PedalPower2+を採用しました★
勿論ARC3などの様に専用アダプターを使用しなければならない機器もありますので、PedalPower2+のAC Outlet端子からAC Tapを増設して横に設置しました。




ここからは、MSY様のコメントです。


●ご依頼頂きました経緯
ブログを以前から拝見していて、綺麗なボードに一目惚れして、いつかエフェクターボードを作るなら絶対依頼しようと思ってました。

●コンセプト
アンプの歪み+αで、新しい音色追加に伴う操作性の確保。
足元の見た目向上(笑)

●完成後のご感想
どのエフェクターがどのような効果があるか、自身の希望に添えるかまで教えていただき、カッコいい足元になりました。
音質も言わずもがな、素晴らしく、セッティングもしやすく大満足です。
本当にありがとうございました。

当店をご利用頂きましてありがとうございました。
今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。

shop info店舗情報

ドクターMusic
㈱中部電子楽器

〒463-0025
名古屋市守山区元郷1丁目1407
TEL.052-739-6412
FAX.052-739-6413