本文へスキップ

                        中部地区唯一ギターアンプ修理の専門店です     ㈱中部電子楽器

電話でのお問い合わせはTEL.052-739-6412

〒463-0025 名古屋市守山区元郷1丁目1407

エフェクト・ボード製作その167

F県在住・岩田様オーダー品



遠く九州方面よりご依頼頂きました製作例です★当初、ご依頼者様よりExcelデーターでお送り頂いたボード設置図を基に、こちらで改めてセッティング図を作成しまして製作をさせて頂きました。今回の様にご依頼者様の意向に沿ったボード製作を心がけておりますので、是非これをご覧になられた方も、思い思いのセッティングを図にしてお送り頂いても結構てす♪その上で、設置方法やスペース確保の為の修正点などについてもディスカッションを重ねながら決定していきます。
是非、お気軽にご相談下さい★★★



今回のシステムは外部のアンプのch.切替と足元のエフェクターを同時に切り替える事を考慮して"MIDI搭載スイッチャー"FreeTheTone ARC3を設置。
ボード二段目に設置したFreeTheTone/Flight Time、Strymon/Mobius、Strymon/BigSkyは全てMIDI信号でコントロール出来る様にセットアップしました★その上で外部アンプにもMIDI信号をTHRU Outする為にボード右上に設置したJunction BoxもMIDI端子付きのJB-41Sにしました。
因みに今回使用したボードはPULSEにてオーダーしましたPECタイプ(w800×d450×h110mm)にセットしております。
これらのサイズは事前に設計図を作成した上で、フィットするサイズを算出しメーカーにオーダー致します。




先程もありましたMIDI接続の件ですが、MIDIの流れとして、
ARC3→BigSky→Mobius→Flight Time→THRU Out→Amp(MIDI)
この様に各機器のMIDI THRUを活用して接続するのが一般的ですが、これですとMIDI信号が距離を延ばす事で出力信号が減少気味になり誤動作が起き易くなる事や、これらのエフェクターそれぞれの使用するアルゴリズムの選択によってその後に接続した機器の呼び出しにタイムラグが生じるなど、いろいろと問題が発生するので今回FreeTheToneのMB-3というMIDI Para Boxで信号をBufferedした上で分配しております。
接続順として、
ARC3→MB-3 (Out 1:BigSky、Out 2:Mobius、Out 3:Flight Time→THRU Out(Amp))
と致しました。勿論、MIDI ch.を振り分けしておりますので、ARC3側にて各機種のプログラムNo.を個別呼び出し、Bypass指定も設定可能になります♪



これはご依頼者様のご意向で、収納されたエフェクター以外の機器をLoopに接続する為に、この様なLoop用のJunction Boxを設置しました。
これにより、Wahペダルや歪み系(このLoopにはBufferが通過しておりませんのでFUZZ系ペダルの接続にも有効です)を気分に合わせて接続して使用が可能になっております。
電源につきましては、FreeTheTone PT-2/PT-3Dを使用し専用アダプターの供給と各機器への電源供給を行っております。




アナログ系ペダルも充実しており、CompはFreeTheTone/Silky Comp、BoosterにMXR/Microamp、オーバードライブはSuhr/Shiba DriveとMXR 5150 oerdrive、ディストーションはSuhr/Riot Re-loadedを組込んでおります。Pre Effectsの最終段にBOSS GE-7を設置したのは良いアイディアです♪実はそれぞれの歪みの質感は中域にピークのあるクリーミーな質感の機器が多く、これらをドライでシャープなトーンに変える役目として非常に良い効果を生みます。
この様にアンプ側で歪みを作れる場合であっても、足元のペダルで歪みを使用したい時もありますよね? それだけコンパクトエフェクターのサウンドが飛躍的に向上したんだと実感します。
ケーブル類はCAJ+Switchcraftで配線し、DCケーブル類に関しましてはパワーサプライのDCケーブルを一部流用しつつ当店オリジナルのDCケーブルにて幾つか配線をしております。
8系統のDC Outを持つPT-3Dに対して、9VDCを要する機器が1,2,3,4,,,,,,500mA端子からMobiusとBigSkyを供給する事を考えると端子が少なくない???
と、、、いう事でDCのカスケードケーブルを作成し、一部の機器は連結して供給しております♪
(これも設計段階から織り込み済み)


ここからは、岩田様のコメントです。


●コンセプト・ご依頼頂きました経緯
理想のボードを組むには自分では限界があると思い、ドクターmusicさんに依頼を決断しました。

●完成後のご感想
エフェクター配置の検討では、自分がExcelで作成したものを元にとても親切に対応して頂きました。
また、自分の特殊なこだわり(ループ8のジャンクションボックス)も忠実に再現されていました。
また、スリーブ部にラベルが貼られて、どのループのケーブルかが一目で分かるようになっていて、細かい配慮が感じられました。驚くほど綺麗に組み込まれていて、感動しました。

私の描いていた夢いっぱいのエフェクターボードです。とても感謝しています。

当店をご利用頂きましてありがとうございました。
今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。

shop info店舗情報

ドクターMusic
㈱中部電子楽器

〒463-0025
名古屋市守山区元郷1丁目1407
TEL.052-739-6412
FAX.052-739-6413