本文へスキップ

                        中部地区唯一ギターアンプ修理の専門店です     ㈱中部電子楽器

電話でのお問い合わせはTEL.052-739-6412

〒463-0025 名古屋市守山区元郷1丁目1407

エフェクト・ボード製作その161

名古屋市在住 カズキ様オーダー品



こちらのお客様は地元名古屋の在住という事で、直接ご来店頂きました★ボード製作のお問い合わせを連日全国より頂いており、大変嬉しく思っております。
勿論、ご自身で組込みをする楽しみもあると思いますが、よりビシッと整然と組み込まれたボードとなると、なかなか製作は難しいかと思います。そんな時は是非お気軽にご相談下さい!!またこれを期にスイッチャーやMIDI連動などをご検討される方も、その使い方なども含めてしっかりサポート致しますのでご安心下さい★



今回ご依頼頂いた内容として「一部新規機材導入と併せてボードを新調、スイッチャーを導入して一括コントロール。アンプのSend/Returnに接続出来る様に。」
CAJ Loop&Link2のLoop数を考慮して少しアレンジした接続方法となりました。
ギター→Wah→Tuner→Loop5(歪み系ペダルは直列配線)→Amp Inputへ。
Amp Send→Loop1~Loop4(空間系)→Amp Returnへ。
という接続順になります。



アンプのSend/Returnに接続する事も考慮して、ボード右上にJunction Boxを設置。一番奥の段に設置してあるCAE/MXRのOverdrive/BoosterはリアルタイムでOn/Off切替えが出来る様に床上げしてあります★通常平置きで設置すると一番奥のペダルは遠く感じてしまうところですが、当店製作の床上げ台を使用する事で全体的に手前に全てエフェクターが設置出来る様になりますので、とっさの操作が非常に楽になるとご好評を頂いております。



この様にスイッチャーの直ぐ奥に2列目のペダルが来る様になります★Line6 DL4やM5はそれぞれプログラムNo.の切替えやTap設定など、演奏中にも操作される事がありますからね。



電源部分ですが、今回Blackstar HT-Dual、Line6 DL4,M5など特殊な電源を要する機器がありましたので、専用アダプター及びFreeTheTone CUBYを使用してコンパクトに設置してみました♪かなぁりタイトな設置となりましたが、手前のアダプターなどはコンセントケーブルを短く切って加工したりと、とにかく弛みや余りが無い様に綺麗な設置を目指しました。
という事で、MainのFreeTheTone PT-1DにACケーブルを挿すだけで全ての機器に電源供給が可能になりました★勿論、DCケーブルも付属品のケーブルを流用しつつ、適切な長さに切ってプラグ取付けをしておりますので、かなりスッキリとした仕上がりになっております。

ここからは、カズキ様のコメントです。

●コンセプト・ご依頼頂きました経緯
毎回ジャンルの違うバンドの練習の度に、エフェクターやケーブルを繋ぎかえていましたが、トラブルも多く何より手間だった為、一つに纏めたかった。

●完成後のご感想
繋ぎ替えの手間やトラブルが0になり、セッティング時間も驚く程短縮され、非常に満足しています。
また、liveではステージの転換時に時間の余裕が生まれ、これまでに無い程の安心感がありました。

ゴツめのエフェクターが多い中、キレイにボード内に収めて頂きありがとうございました!
どれも自分にとっては外せない物ばかりだったので、非常に感謝してます。

当店をご利用頂きましてありがとうございました。
今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。

shop info店舗情報

ドクターMusic
㈱中部電子楽器

〒463-0025
名古屋市守山区元郷1丁目1407
TEL.052-739-6412
FAX.052-739-6413