本文へスキップ

                        中部地区唯一ギターアンプ修理の専門店です     ㈱中部電子楽器

電話でのお問い合わせはTEL.052-739-6412

〒463-0025 名古屋市守山区元郷1丁目1407

エフェクト・ボード製作その159

愛媛県在住 アイ様オーダー品



こちらは遠く四国の愛媛県よりご依頼を頂きましたベース用のエフェクトボードです★こちらのご依頼者様は、ベースを弾いておられる愛娘さんの為に「しっかりと組まれたボードシステムを用意してあげたい」という思いでご相談を頂きました。
聞けば、3人の娘さんでバンドを結成されているとの事で・・・さぞお父様も嬉しい事と思います。
そんなお父様の気持ちを聞けば断る理由も御座いません!!バッチリ綺麗に組み上げさせて頂きました♪



今回、よりスムーズに音質の切替えが出来る様にと、プログラム式のスイッチャーを導入される事となり、セッティングを簡略化するJunction Boxを設置しました。ボードサイズ的にも、なるべくコンパクトに収めたいとのご意向がありましたので、結構ギリギリのサイズ(w495×d395×h100mm)のPULSE製ボードを採用。エフェクターの固定は全てマジックテープで。ケーブル類は当店では定番のCAJ+Switchcraft製プラグを使用しました。



当店ブログをお読みの方はご存知かと思いますが、当店ボード製作によく出てくるのが「床上げ台」ですが、、、今回は一部のエフェクターのみ少し床上げするのみで他は直接設置してみました。スイッチャーからのケーブル類が床上げする必要性が無い量であった場合は、この様に直接固定でも配線可能です★
Loop1:Comp Loop2:M-80(歪みとして使用)  Loop3:Bass IQ Loop4:SANS Bass D.I Loop5:ToneHammerという接続となります。
主にSANSとToneHammerをプリアンプとして選択可能にして使用する事を想定しております。



ToneHammerの設置スペースが、かなりギリギリスペースですので、この様に30mm程度床上げして下にケーブルを通しております。
ただでさえこのToneHammerは背が高いエフェクターですので、極端に上げると蓋が閉まらない事態になります。予めボード蓋の深さも計算して設置しております。
また、今回の電源周りはTRUETONE 1Spot pro CS7を採用しました★
主な理由として、今回設置した機器の電源事情が「DC9V×6系統、DC9V(500mA)×1系統、DC18V×1系統)」を一括供給出来るパワーサプライという事で、、、CS7は「DC9V×4、DC9V(500mA)×2、DC18V×1」を出力出来る為1系統足りないDC9Vはカスケード配線をして供給しております。



配線ラインが結構タイトですが、設計図を描いている段階で、組み込む際にはどの様にラインを這わせて行くべきかを考えておりますので、バッチリ綺麗に組込むことが出来たと思います★そして最終的に音出しチェックしたのですが、CS7もしっかりしていますね♪パワーサプライの良し悪しで音質って結構変わるのですが、やはりサプライ内でトランス変換されているタイプは音質がクリアでローノイズ♪ガッチリ歪ませてもノイジーにならない!!
シンプルではありますが、非常に実用性の高いボードに仕上がりました★

ここからは、アイ様のコメントです。

●コンセプト・ご依頼頂きました経緯
自作の限界を感じたといいますか、ドクターMUSIC様のブログに
掲載されているボードの洗練度合に惹かれたといいますか、コンセプトといえる
ほど高尚なものはまだ持ち合わせておりません。
有名どころのエフェクターは集めてみたのですが、エフェクトボードがいつもバラバラになるので、娘が使うの
を億劫がってたので、これからに期待しています。

●完成後のご感想
まだ写真で確認しただけなのですが、十二分に伝わっています。
自分ではできなかった事や、ブースター、スイッチャー、ジャンクションボックスなど、勉強になりました。

当店をご利用頂きましてありがとうございました。
今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。

shop info店舗情報

ドクターMusic
㈱中部電子楽器

〒463-0025
名古屋市守山区元郷1丁目1407
TEL.052-739-6412
FAX.052-739-6413