本文へスキップ

                        中部地区唯一ギターアンプ修理の専門店です     ㈱中部電子楽器

電話でのお問い合わせはTEL.052-739-6412

〒463-0025 名古屋市守山区元郷1丁目1407

エフェクト・ボード製作その158

仙台市在住 武石直樹様オーダー品


こちらは名古屋から遠く離れた「仙台市」からのご依頼です★遠方からのお問い合わせの方の場合、メールかお電話でのやり取りが殆どとなりますが、当店では担当スタッフが責任を持ってご相談にお応えしております。スムーズに話を進める為に、ある程度の構想をお考えの上ご相談されると良いです。ただ、これらのボード設計知識の無い方も多いと思いますので、その場合は「〇〇〇〇みたいな感じ」でも結構ですし、過去のブログ掲載例を見て「No.〇〇〇の様なレイアウトを」などでも結構です。是非お気軽にご相談下さい。



今回のご依頼ボードは、当店でも初めて採用します「FreeTheTone FP6043」に平置き設置となりました★まず、入出力を集約したJunction Boxを設置。隣にはSony製のワイヤレスを設置してJunction Boxにケーブル接続してあります。これはJunction BoxのInputにプラグを入れるとそちらを優先する様にスイッチングとなっております。
最近、本当にワイヤレスが高性能になり、また小型化されておりますので、この様にボード内に設置する事も多くなりましたが、音質を考えるとやはりワイヤードには敵わないですね。
という事で、電波状況が悪い場所であったり音質重視のステージの為にシールドケーブルでプレイする事も考慮しております。



搭載エフェクターは、ここ最近新製品を続々リリースして復活の兆しが著しいBOSSのニューモデルをインストールしております★手前のTU-3wをはじめ、ベース用のコンプレッサーBC-1x、ベース用プリアンプ/ドライバーBB-1xなど、どれも耐久性が高く、また高性能なエフェクターです♪スイッチング・マシンはFreeTheTone ARC53M(Black)を搭載。演奏中に個々のエフェクターを瞬時にOn/Off出来る様にCAJ Tap Boxを設置し、ARC53MをDirect Modeに切り替えられる様にしております。



ケーブル類は、CAJ+Switchcraft製を採用し一本ずつ計測しつつ接続しております。また併せてDCケーブルも付属品を最大限活用しつつ、長さも全て計測・加工しての接続となります。なお、個々のエフェクターの固定は通常のマジックテープを使用しておりますが、ケーブルをそのままにせず、ボードにポイント毎にインシュロック固定する事で剥がれたり外れない様にする事が出来ます。




電源はFreeTheTone PT-1Dを採用しました。最近では他社からも続々パワーサプライが発売されており、PT-1D独走な感じは薄れて来ておりますが、専用アダプターを使用する必要性が高い機器も多い中においてAC Tap出力は非常に大きなメリットと言えます。
実際には「電源は入るが、何故か音質的に単体で使用した時よりパンチが無い」とか「エフェクターの効きが弱く感じたり、音が潰れたりする」などのお悩みの一端に"電源事情"が絡んでいる場合があります。
これをご覧の皆さんに一言。
「ボード製作の肝は、ズバリ★パワーサプライ」です。

ここからは、武石直樹様のコメントです。

●コンセプト・ご依頼頂きました経緯
今まではエフェクター不要派だったのですが、コンプの必要性を検討しだしてからアンプ入力の前に自分の音作りを固めるシステムを導入しようと思いました。
サウンドは基本(クリーン)、スラップ用、歪み、その他マルチでの空間系などの4種類。
それにワイヤレスとワイヤードの切り替え、ベース持ち替えを考慮したプリアンプのラインナップ、今後の変更への対応などを踏まえた 結果、スイッチャーを導入したシステムとなりました。

組み込みにあたってはインターネットで色々と調べてみたのですが、製作実績やノウハウの豊富さ、知人の評価などでドクターMusicさんにお願いしました。

●完成後のご感想
何度かのやり取りを経て惚れ惚れするような仕上がりにしていただき大満足です!
これぞまさにプロの仕事!
迅速丁寧な対応と的確なアドバイス
ドクターMusicさんにお願いして本当に良かったです。
三宅さん、今回は本当にありがとうございました。

当店をご利用頂きましてありがとうございました。
今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。

shop info店舗情報

ドクターMusic
㈱中部電子楽器

〒463-0025
名古屋市守山区元郷1丁目1407
TEL.052-739-6412
FAX.052-739-6413