本文へスキップ

                        中部地区唯一ギターアンプ修理の専門店で      ㈱中部電子楽器

電話でのお問い合わせはTEL.052-739-6412

〒463-0025 名古屋市守山区元郷1丁目1407

エフェクト・ボード製作その13

 最近、本当に人気急上昇ですね♪”Pedaltrain”シリーズは、自作でボード製作をされる方などに非常に人気があります。
 当店でも在庫切れが起きる時もある程でして、その実用性の高さは既に認知されて来ているという事でしょう!!
 今回ご依頼頂いたI様も、Pedaltrain指定にてボードの製作させて頂きました★
 シンプルではありますが、実用性を考えたエフェクターの選択ですね♪

 この様にシールドの殆んどはボードの裏を通っており、表から見ると「あれ?シールドは何処?」なんて思ってしまうところです。
 しかし、実際は汎用シールドを使うと裏側に余分なシールドが束になって見た目も良くない&トラブルに繋がります。
 よって、当店は「表も裏もスッキリ!」を目指して1本ずつ計測してシールド製作しています。
 プラグはSwitchcraftのフラットLタイプを多用します。
 「あれは根っこの部分が折れるのでは。」という話もありますが、それは組込み自体が甘い&抜き差しを無理やりやるからだと思います。
 この様に綺麗にセットすれば、ダイカストタイプより省スペースになります♪

 とは言え、流石にNoah’SARK TBSWを経由しているので、Output端子へのシールドの差込みが難しくなってしまいます。
 そこで、今回こんな感じでPedaltrainのシャーシにプラグを直接取り付ける荒業をしてみました★★★
 これならJunction Boxを置くスペースが無くてもIn/OutのBOX代わりになりますね♪
 勿論、このPedaltrainはアルミ・シャーシなのでアース対策もバッチリ★
 既に当店のお客様で、この様な仕様(その方は、In,Out,Send,Return,MIDI OUTまで搭載)になっております。

 ここからは、I様のコメントです。

コンセプト:
バンドで使用するエフェクター個々の特色を考えて厳選し、持ち運び・セッティング・コントロール共にスムーズに行えるボードを目指しました。

感想:
大変スッキリとしたボードに仕上がり感謝しております★
Fulltoneは、足元でBoost On/Offをしたかった事もありまして一番手前にセットして頂きました。OUT端子がボードに搭載されているのもユニークで良かったです。
ありがとうございました。

 と、ありがたいコメントまで頂きました。
 本当にありがとうございました。

 

shop info店舗情報

ドクターMusic
㈱中部電子楽器

〒463-0025
名古屋市守山区元郷1丁目1407
TEL.052-739-6412
FAX.052-739-6413