本文へスキップ

                        中部地区唯一ギターアンプ修理の専門店です     ㈱中部電子楽器

電話でのお問い合わせはTEL.052-739-6412

〒463-0025 名古屋市守山区元郷1丁目1407

エフェクト・ボード製作その107

大阪府在住・嵜中様オーダー品



こちらは設置面が一般的なカーペット地のボードでは無く、両端に取っ手が付いているFRP Systemボードに設置しております。



入出力の差込みを容易にする為にTunerの下にJunction Boxを設置。
Wah(Fulltone)を、この様にガッチリ固定する為に、E.W.S Wah Board Specialを取り付けしております。
こちらの商品はFulltone以外にJim Dunlop、Vox V847用もご用意しておりますが、それ以外のペダルを取り付けする場合、当店にてオリジナルで製作もしておりますので、是非ご相談下さい★



お馴染みの「床上げ台」は、横幅だけでなく、奥行や上げ幅、内部に付ける柱のサイズもオーダーで作ります。
スイッチャーから出るケーブルが、よりスムーズに流れる様に柱の位置も計測して作りますので、
出来上がりも綺麗になります。

この床台の上に設置されたペダルは、それぞれプラグが接触しない様にしております。
エフェクターの固定はBonding Pedal Board Tapeを使用しております。
3M系のマジックテープは非常に頑丈で剥がれにくいので、エフェクターの入れ替えを頻繁にしたい方の場合はマジックテープをお勧めします。



電源部はFree The Tone /PT-1Dを使用し、専用アダプターもこちらから供給しております。
今回、アダプターの数が少し多くてPT-1DのAC Outlet数では足らない事態になりまして、、、写真では見にくいのですが、小型アダプターを床台の下に2個設置して供給しております★
今回の様なケースは決して稀では無く、ここ最近のエフェクター事情として必ず9VDCのみとは限らず、またデジタル機器に関してはエフェクター個体が必要とする電流量が大きい物も出ており、単純にパワーサプライから供給するとエフェクターの動作不良や音質劣化が起きる事があります。



真上からの写真がコレです★
この
mothershipというエフェクター、リング・モジュレーターのみならず変態的なシンセサウンドまで作れる面白いエフェクターです!!ドットゲームなどに出てくる様なサウンドが作れます。何処でこのサウンドを使うべきなのか、悩むところですが、、、
そして
Eventide H9は、ここ最近非常に人気が上がって来ておりますね♪
何といってもFactorシリーズのサウンドがこのサイズに収められて、アルゴリズムは別途ダウンロード可能(有料)と、自分好みにカスタマイズ出来るので、頼もしい空間系です。

ここからは嵜中様のコメントです。

●完成後のご感想、当店へのご感想
見た目が凄い綺麗で仕上がっていて配線も凄い綺麗で感動しています!

音質面は勿論突っ込む所のないほどのノイズレスでとても満足しています。

本当に繋ぐだけでセッティングが終わるのですごく楽になりました!

もし次もボード組むのならドクターミュージックさんにお願いします!

こちらこそ当店をご利用頂きましてありがとうございました。
今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。

shop info店舗情報

ドクターMusic
㈱中部電子楽器

〒463-0025
名古屋市守山区元郷1丁目1407
TEL.052-739-6412
FAX.052-739-6413